ピアノレッスン・Music School
Praça do sol
プラッサ ド ソル
〜太陽の広場〜

生徒さんの声

長く続けていくほど新しいこともできるようになって、楽しみがどんどん増えています。
クラシックだけでなく、最近ではポップスなどの音楽も少しずつ勉強しています。
ピアノとボーカルのユニットや作曲、アドリブ演奏など、色々な挑戦ができて、とても楽しいです。

S.K(幼稚園から18年間、通って来ている大学4年生の生徒さん)



Yoko先生に出会ったのは、私が48歳の冬です。
私は、大好きなJAZZピアノを弾いてみたい、と先生にお願いしました。
それまでは、ピアノ演奏に緊張感があり、鍵盤に挑んでいる感じでした。
先生のご指導で、好きなJAZZの和音を弾けることに喜びを見つけ、ピアノの音を楽しめるようになりました。

一年三ヶ月後には、教室のコンサートがピアノのあるレストランでありました。
ケーキとコーヒー付きにつられて参加しました。
その時は、書きアドリブでしたが、自分の音を弾くことができ、満足でした。
そして、ピアノは私の友人になったと感じることができ、幸せです。

アドリブは難しく、JAZZピアノは初心者のままですが、私にも音を紡ぎ出すことができると知りました。

教室を離れて三年半後、先生のLIVEを聴いてパワーを頂きました。
おかげで、亡き父の残した詩に曲を作り、家族やお世話になった方に披露することができました。
Yoko先生には、CD制作にご尽力いただき、ありがとうございました。

そして、ピアノ演奏だけでなく、音楽と共に過ごす幸せを教えていただき、ありがとうございます。

Y.C(現在はレコーディングなど単発レッスンの生徒さん) 



私はこのピアノ教室に来て本当によかったです。
それは、先生がやさしくて、ピアノが大好きになったからです。
ピアノの発表会の曲は、先生が5〜6曲ひいてくれて、その中から自分が一番好きな曲を選ぶ事ができました。
今年の発表会は『ポルカ・マズルカ』という曲をひきました。
先生やお姉さんがひいている曲を聞くと、いつも、『すごいなぁ、私もこんな風に上手にひきたいなぁ』と思います。
なので先生にいっぱい色々なことを教えてもらいながら、これからもがんばっていきたいです。

R.U(小学4年生の生徒さん)